天文岩

天文岩

埼玉県飯能市にある鎌北湖から奥武蔵グリーンラインをバイクで走っていると、巨大な岩が現れました。

天文岩と呼ばれるこの岩は、江戸時代に千葉歳胤(ちばとしたね)という方がこの岩の中で天文学を独学で学んだ場所なんだそうです。ただ、よくよくこの岩を見てみると、ところどころ修復の痕のような箇所や、人為的に作られたような形などがみられます。中央の割れ目部分の中で学問に励んだということなのでしょうか。真っ暗な内部を覗き込んでみたのですが、こんなところで勉強がはかどるとは思えない薄気味悪いところでした。この写真には写っていませんが、隣には「天文霊神」と書かれた祠がありました。

この天文岩、ネットで調べてみてもあまり情報が出てきません。なんだか不思議な岩です。埼玉県にもまだまだ面白スポットがあるのですねえ。

1 人がこの写真を好きになりました!
tower
通路
こどもの日
さくら
天文岩
森
甲府盆地
甲府盆地
sea of love