東京

東京

富士フイルムのカメラ。まずは画質が好み。うまく言えないけれど、雰囲気が取り込まれているような、ハッとするような画質。これがとても好ましい。

次に操作性。特にX-T2になって装備されたAFターゲットをジョイスティックで操作可能なフォーカスレバーの存在が大きい。スティックによるAFターゲットの移動はα900でその利便性を実感しており、新しいカメラにも必要不可欠ともいえるインターフェースだった。さらに、レンズの絞り指標付きリングと、シャッタースピード、露出補正、ISOダイヤルと、露出を決定するために必要な情報が、カメラの電源を入れなくても設定可能なこと。これにより、被写体をみつけて、絞り、シャッタースピードを確認してからファインダーを覗いてシャッターを切るという、フィルムカメラ時代に慣れ親しんでいる作法が可能になったこと。

この二つが、X-T2で特に気に入っている部分。簡単に言えば、「撮って楽しく、(写真を)見て楽しい」

あとは、例えば35mm換算で24-120/F4クラスの防塵防滴、手ぶれ補正付きで絞り指標付きリング、近接撮影可能、なんてレンズが出てくると良いなあ。また、レンズも含めて防塵防滴機能もさらに確実なものにしてほしい。

欲を言えばきりがないけど、AFのピントが抜けがちだったりするので、ボディ内手ぶれ補正(うわさのX-H1で対応の模様)も含めて、これからも正常進化をしていってほしいな。

2 人がこの写真を好きになりました!
東京
東京
埼玉県蓮田市
埼玉県蓮田市
東京
東京
黒煙
祈り
大桟橋