NEX-7とNEX-6の比較

nex67title

NEX-7でレンズマウントアダプターを使って、異なるマウントのレンズで撮影する際に困るのは、Mマウントの広角レンズで発生するマゼンタかぶり。35mmなら問題ないのですが、それ以下のレンズだとどうしても画像の両サイドが紫がかってしまいます。
私の所有しているレンズでは、フォクトレンダーのSnapshot-Skopar 25mm F4 MCとSUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical IIで顕著。仕方ないこととはいえ、ちょっとなぁ…。

モノクロで撮れば関係ないので、モノクロフィルムを入れてるんだと自分に言い聞かせて撮影していました。が、しかし、やはりカラーで撮りたい時もある!
というのが悩みだったのですが、NEX-6だと色被りが少ないという情報が。
ううう、試してみたい…。ということでNEX-6をえいやっと購入。NEX-7はこれから売却するのですが、その前に折角なので撮り比べてみました。

三脚にのせて厳密に撮り比べたわけではないので、正確な撮り比べではないです。絞りはカラースコパーがF8、SWHがF11にしています。RAWで撮影したものをそのままJPEGにし、サイズのみ変更しています。

▼NEX-7 + フォクトレンダー Snapshot-Skopar 25mm F4 MC
周辺色被りチェック1_NEX7
▼NEX-6 + フォクトレンダー Snapshot-Skopar 25mm F4 MC
周辺色被りチェック2_NEX6
▼NEX-7 + フォクトレンダー SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II
周辺色被りチェック3_NEX7
▼NEX-6 + フォクトレンダー SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II
周辺色被りチェック4_NEX6

こんな感じでした。

NEX-6もまったく色被りしないわけではないですが、NEX-7に比べれば、個人的にはOKな範囲でした。

NEX-7とNEX-6を並べてみると、ボディの質感や総合的なデザインはNEX-7のほうが好きですが、NEX-7で一番改善して欲しいと思っていた、「ダイヤルに触ってしまってISO感度が勝手に変わる」点がクリアされていることも個人的にはポイント。NEX-7のトライダイヤルナビはとても使いやすくて気に入っていたのですが、NEX-6も慣れてしまえば使いにくいということはないようです。

機能的な部分では、ボディ上部のモードダイヤル下のコントロールダイヤルに機能を設定できるようになると嬉しいなぁ。露出補正とか。

あ、ちなみに最後の写真で写っている黒煙ですが、どうやら火災のようでした…。あわわ…。