祠

実家までの道のり約40kmを折りたたみ自転車で帰るという愚行にチャレンジした、今年の年末年始。昼間は暑いくらいで気持ちよかったです。尻は死亡しましたが。

そんな道すがら、約1年ぶりにこの祠の場所を訪れました。前回はこちら。その時いたこの方もまだいましたよ。移動してましたが。

ここは荒川河川敷の外側(堤防の川側が外側になるのですね)かつて塚本集落があった場所。平成11年の水害により全戸が移転し、今では田畑やお墓、小屋などが残っているだけ。割と最近の話なのですね。この祠の参道に設置されている鳥居には「八幡社」の記載があり、この祠もかつては社殿の中に祀られていたのでしょうか。今では竹林が大きな社殿のよう。この写真の手前には参道を挟んで2本の大木が立っており、狛犬なのかもしれません。何時来ても、怖いような畏れ多いような、不思議な気分を味わえる場所です。

1 人がこの写真を好きになりました!
最後の月
トンネル
初詣
夕景
祠
三日月の夜
染まりゆく街
この、傷ついた世界
夜道とサボテン