いつか見た夕焼け

いつか見た夕焼け

デジカメ関係で納得いかないことの一つが、プリンターのインク高すぎる問題。そしてもう一つが、デジカメのゴミ問題。

ここで言うゴミ問題とは、センサーにゴミやホコリ、チリなどが付着することを指します。

レンズ交換式のカメラなどは、構造上どうしてもセンサーがむき出しになってしまい、簡単にゴミが入ってしまいます。たいていはブロワーやセンサークリーニング機能で吹き飛ばすことができたりするのですが、どうしても取れないホコリやゴミ、チリがセンサー上に残ったりします。こうなると壊してしまうのを覚悟して自分で除去するか、修理に出してゴミの除去をメーカーに依頼するしかないのですが、修理に出すとそこそこ高いうえに、時間もかかります。

確かに、まあ構造上仕方ないよなとも思いつつも、やっぱり納得いかないのです。

ゴミがセンサーにつかないように作られている商品に対して、使い方が悪いせいでゴミが入ってしまったのならわかるんです。でも、どう注意したところでゴミが入ってセンサーに付着してしまうような状況で、なぜ高い金額を払って清掃を依頼しなくてはならないのか。カメラなんて大多数はゴミやホコリが舞う環境で使うことが前提のものですからね。さらには内部要因のゴミなんていうのもある。せめて、ユーザー自身で簡単確実に清掃ができる仕組みになっていれば納得もできるのですが。

特に分解できないコンデジは致命的です。ゴミ除去のためにセンサー交換が必要で数万円かかるなんて……。

そんな中、オリンパスのカメラはゴミがつきにくいという話を聞いたことがあります。事実であれば素晴らしいですね。メーカーにはカメラの機能向上以外で、センサーにゴミがつきにくくなるか清掃をしやすくなるなどの改善をお願いしたいなあ。

1 人がこの写真を好きになりました!
桜
あんぐり
楽しげ
街人
いつか見た夕焼け
ライオンのメス
寄り添いあう
オグロヅル
キャベツ