窓

作品として写真を撮りたいと初めて思ったのは、窓のカーテンを透過する柔らかな日差しを見た時だった。遅く起きた土曜日、普段は気にもかけたことがない、なんの変哲もないただのカーテンが太陽の光を通して美しく見えたのが不思議で。今でもたまにカーテンの写真を撮りたくなる。ただのカーテンだけれども。

この写真が好き!
荒川の夕陽
浴
towers
tennis court
窓
蒼天の下
green
red, sky
回る回るよ